語り継ぎたいヒーロー列伝(後)

第3位を発表する前に、列伝に入っていない名馬についても触れておきたい。例えば歴史的スプリンターのサクラバクシンオーや悲運の快速馬サイレンススズカ、牝馬3冠スティルインラブらの名がない。また1970年生まれ以降のJRA顕彰馬の中では唯一、日本調教馬の地平を切り開いた*エルコンドルパサーが漏れている。それぞれ理由はあろうが、何かの機会に制作されてもよいと思うところはある。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語り継ぎたいヒーロー列伝(前)

JRAが歴代の名馬をポスターにした「サラブレッドヒーロー列伝」は、1981年のハイセイコーから2018年のオジュウチョウサンまで82作品が制作されており、競馬場などで目にする機会も多い。今回はその中から、筆者の個人的お気に入りのベスト5を取り上げてみたい。なお、画像は大人の事情で直接貼れないので、こちらのJRAのギャラリーを参照のこと。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰もが知っている

3年前の2015年、名馬さん(@maybaelectric)が制作した同人誌『皿ブレッド』に、10篇のコラムを寄稿させていただきました。そのうちサイレンススズカについて書いた拙文を再掲します。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの作家風に書けばこんな感じの観戦記

レーシング・プログラムの向こう側には、2018年の初夏の空が広がっていた。
「20年前と同じだ」
僕はスタンドの売店で買ったアイスコーヒーを啜りながら言った。    
「そのときあなたは何に賭けたの?」 と彼女は尋ねた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカレスクコート

競馬を題材とした小説は古今東西あるが、その多くは騎手を始めとする競馬関係者を巡る物語であることが多い。例えば「本命」「大穴」など2文字シリーズで知られるディック・フランシスの作品群、あるいは映画化された宮本輝の「優駿」、蓮見恭子の「無名騎手」「女騎手」などがその代表例としてあげられよう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オセアニアで咲いた薔薇

オーストラリアに移籍した日本産馬ブレイブスマッシュが、過日のフューチュリティステークス(G1・芝1400)を制した。これまで高額賞金レースのジ・エベレストでの3着やC.F.オーアS(G1)2着などの実績を残していたが、これが7戦目でウィアー厩舎での初勝利となる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二ノ宮厩舎 私的5撰

かねてからウワサがあったとおり、二ノ宮調教師の勇退が明らかとなった。体調などが理由とのことで残念ではあるが、彼が本邦競馬史に残した足跡の「深さ」はこの先も語り継がれることになるだろう。個人的にも好きな調教師のひとりであった二ノ宮師の私的な5撰を。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シゲルサラダ

よし、サラダを作ろう。

「シゲル」「ブルベア」軍団の勝ち上がった野菜を使ってサラダを作ろうと思い立ったのは、単なる気の迷いです。真夏の暑さのせいとも言います。運が良ければ10種類くらいの具材で楽しめるかな。そう思っていた私が、後にG1よりも出資馬よりも野菜たちの走りに一喜一憂するとは予想だにしなかったわけです。要はシゲルとブルベアを舐めていたのです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一つの里帰り

朝日杯FSで2番人気に推されたダーレーのタワーオブロンドン。初めてのマイルで3着に敗れたものの、今後スプリントからマイル路線での躍進が期待できるスピードの持ち主であるのは間違いない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗り重ねられたもの

有馬記念前日の風物詩となっている中山大障害は、オジュウチョウサンがゴール前で差し切り、障害重賞8連勝を飾った。絶対王者を負かしにいったアップトゥデイトの逃げと相まって、「固唾をのむ」という表現がぴったりの素晴らしいレースだった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«自信とプライド