山野浩一さんのこと

SF作家であり、競馬・血統評論家としてもその名を知られた山野浩一さんが亡くなられ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG17-18 覚え書き

昨シーズンのBS-POGは勝ち上がった馬が2頭だけという散々たる結果。ドラ1のアドミラブルがダービーで1番人気になって最後まで楽しめはしましたが、平均して稼ごうという意図とは正反対の内容で2部落ちとなりました。さて今年は。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変える勇気と変えない強さ

ついに、なのか。やっと、なのか
ルメールの見事な騎乗に導かれてレイデオロが先頭でゴールを通過し、藤澤和雄調教師がついに表彰台の上に立つ日が来た。重賞101勝目が念願の日本ダービーである。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも道は続いていく(後)

そのファンタジーSが行われる3週間ほど前、ある偉大なホースマンが生涯を閉じた。ロンドンブリッジの生産牧場である下河辺牧場の創業者、下河辺孫一である。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも道は続いていく(前)

寒春に降り続いた雨が上がり、阪神競馬場に降り注ぐ眩しい陽光。その牝馬のデビュー戦は、ちょうど当日の気候のように、あまりに鮮烈だった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気まぐれな間欠泉

京都記念は、サトノクラウンが先行力を活かしてマカヒキらを押さえ込み、見事な連覇となった。今ではすっかり冬の風物詩として定着したその京都記念だが、1983年までは春と秋に開催されていた事を知るファンも今では少なくなった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーティンボロの広い空

ニュージーランドの首都ウェリントンから北東に車を走らせ、タラルア山脈の深い山道を抜けると、広い空に抱かれた風景が広がる。そのワイララパ地方の小都市マーティンボロが名を知らしめるのは、フランスのブルゴーニュ地方に酷似した気候が作り出すブドウ、そしてブドウから作られるワインのクオリティの高さゆえだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝶が羽ばたく日

今年の凱旋門賞は、JRAによる初の海外競馬の馬券発売という一つのエポックとなった。

人気の盲点ではとFoundの単複を仕込んだ私は記念すべきレースを的中させることができたが、それは一方で日本から挑戦したマカヒキの敗北を意味していた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG17-18覚え書き

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダービーの高揚

日本ダービーの出走馬が確定し、出資馬アジュールローズがその中の一頭に名を連ねた。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ピエレットはそっと微笑んだ(4)