« ロシアからの架け橋 | トップページ | ダノン君とミッキーさん »

さあ元気よく叫んでみよう!

馬名とは、2文字から9文字の小宇宙である。
そこには競走馬に関わる多くの人々の思いや願いが託され、ファンは喜びや哀しみに彩られた想い出をその記号と共に胸に抱き続ける。

・・みたいな御託は置いといて。今年の3歳馬にもなかなか楽しい馬名が揃っている。
パソコンのモニタばかり見つめていないで、たまには競馬場で思いっきり馬名を叫んでみよう。

 

ユニーク馬名といえば第一人者・小田切有一氏から始めないわけにはいかない。
珍馬名は今年も健在だ。
オダギラーは今年は重賞勝てるだろうか。クラシックなんて「ムリムリ」だとしても、
「ヨクバリ」過ぎずG3くらいなら「モシカシテ」「アリウル」かも。

テイエム軍団も負けていられない。
「テイエムワッゼエ」
ワッゼエは鹿児島弁で<物凄い>だけど、すでに物凄い勢いで登録抹消。
「テイエムハシッド」
走るぞ!どうぞ、競走馬ですから走ってください。
「テイエムデスカイ」
私にテイエムですかね?と聞かれても。父はセイウンデスカイ?

「ハピネスデスネ」 あ、幸せですってことね。それはよかったデスネ。
「アライイオトコ」 いえいえそれほどでも・・
「ハンサムデイイヤツ」 そんなにヨイショしても何も出ないよ。

何を笑っているのか「ノボウフフ」
何を祝っているのか「イトコニカンパイ」
何で無視するのか「シランプリソブリン」
そんなことしてると「マジヤバーイ」

*アラムシャー産駒を「アラムー」で切るのはいかがなものか。
偽装温泉でよく審査通ったね「フェイクスパ」
どこの言語かと思ったら<どきやがれ!>なのね「ドキャーレ」
「ガムシロミッツ」そんなに入れたらメタボになるよ。

「ハナノカカリチョウ」は「カリスマシャチョウ」の部下なのか?
「オタカラボックス」や「ヒョウタンカラコパ」は風水的に良いのか?

名前負け選手権「ヤッパリツヨカッタ」VS「オウサマ」
<歩が成る>が正しいような気もする「トキンナル」
「マダモウドッチ」はいはい、そろそろ終わりにしますよ

馬にアザラシかよ・・と思った「ファーシール」だけど、父名で納得。Cape Crossだもの。

|

« ロシアからの架け橋 | トップページ | ダノン君とミッキーさん »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/17686597

この記事へのトラックバック一覧です: さあ元気よく叫んでみよう!:

« ロシアからの架け橋 | トップページ | ダノン君とミッキーさん »