« &、それ自体がand | トップページ | 復習 »

狙うカーネーション

山本英俊氏(パチンコ機器卸のフィールズ会長)は豊富な資本を後ろ盾として、良血馬を多く所有することで知られている新進オーナーである。関東では藤澤和雄厩舎とタッグを組んでいるが、今年の3歳には特に注目を集める存在が多い。

 

ざざっと挙げてみると・・

*シャンパンスコール(父Daylami)
 祖母がフィニクスチャンピオンS(G1)勝ちのPark Express
*スパークキャンドル(父A.P. Indy)
 母はG1を11勝の名牝Serena's song
*ウォーターボーイズ(父Seeking the Gold)
 母は愛オークス(G1)などを勝ったDance Design
*ディヴァインソング(父Red Ransom)
 母は英オークス馬Love Divine
*レッドシューター(父Red Ransom)
 祖母La Meilleureの孫にSoldier Of Fortune
 (愛ダービー)
クリスタルウイング(父アドマイヤベガ)
 姉にトゥザヴィクトリー
チャイコフスキー(父シンボリクリスエス)
 母*カーリングは仏オークス、ヴェルメイユ賞勝ち
 兄ローエングリン

とまあこんな感じで。
そんな中で最も注目を集めていた*カジノドライヴが今週デビューを迎える。*カジノドライヴは父Mineshaft/母Better Than Honourという血統で、半兄Jazilが一昨年、半姉Rags to Richesが昨年のベルモントSを勝ったという現在進行形の良血である。賢兄(姉)の下に過大な期待を寄せないほうが良い、という経験則をわれわれは持っていて、自分も幻想は抱いていないが、注目されるのは当然といえる。

「デビュー戦にエスピノーザ騎手を呼ぶ(最終的には武豊)」「2戦目に渡米、3戦目でベルモントSに出走」などの、他馬なら笑い話になるエピソードが本気で語られるのだから、陣営の期待の程もわかろう。
*カジノドライヴは綺麗な栗毛をしているからベルモントSの勝者にのみ与えられる白いカーネーションのレイがさぞかし映えることだろうが、まずは初戦だ。

余談:「アメリカ行き」が騒がれただけで終った馬も結構多く、近年で思い出されるのは*スシトレイン。回転寿司、という渡辺オーナーの命名も案外好きだったが。

|

« &、それ自体がand | トップページ | 復習 »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

圧勝でしたね さてJapanese Dreamとなりますか
とりあえずエスピノーザは今年有力馬がいない筈

投稿: Matchless Speed | 2008年2月23日 (土) 12時35分

まず第一関門は突破、というところでしょうか。
リアリスティックに「無理でしょ」という言うのは簡単ですが、
幻想を膨らませるのも競馬の楽しみだと思いますから、
期待して見守りたいと思うのです。

投稿: りろんち | 2008年2月23日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/40224197

この記事へのトラックバック一覧です: 狙うカーネーション:

« &、それ自体がand | トップページ | 復習 »