« 日曜日と桜 | トップページ | ひとこと回顧 »

すべての名には意味がある

大井競馬場の行政上の住所は、<品川区勝島>である。勝利の島、という地名はもちろん愛すべきギャンブラーのために捧げられたのではなく、海軍省が戦時中造成した埋立地に、戦意高揚の意匠を持って名付けたものである。

ちなみに勝島の南に位置し、かつて捕虜収容所や戦犯収容所を擁した埋立て地は、戦後平和を祈念した地名となっている。競艇場で知られる平和島だ。

 

そんなトリビアはともかくとして。

大井競馬場で行われたマイルグランプリ(S1)で、アンパサンドは3着に終わった。食い足りない結果とも言えるが、3コーナーからの捲くりは悪くなかったし、シーチャリオットやナイキアディライトの旧勢力を完全に押さえ込んでいるから、力のあるところは証明している。もう一皮剥ければ、というところ。引き続き期待したい。

勝ったのはこれで7連勝となった上がり馬デスモゾームで、直線並びかけてきた実力馬フジノウェーブを差し返しての戴冠だった。

デスモゾームは父*マジックマイルズ、母が園田ダービー馬アヤノミドリ。
*マジックマイルズは初期に輸入されたミスプロ系のサイアー。母系が南米の名牝系という捻りが効いているのか、超地味ではあるが地方ではそこそこの活躍馬を出して種牡馬を続けている。
一方ボトムラインは戦前に輸入された*フリヂデイテイーに遡上するもので、かつては阪神3歳Sを勝ったテツノハナやオークス2着のミドリエースなども出ている母系だが、近年は目立った活躍馬が出ていなかった。

今回は52kgという斤量の追い風もあったので、次走が試金石になろうか。

すべての名には意味がある。はずだが、デスモゾームの由来はいかに?情報求む。

|

« 日曜日と桜 | トップページ | ひとこと回顧 »

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/40856708

この記事へのトラックバック一覧です: すべての名には意味がある:

« 日曜日と桜 | トップページ | ひとこと回顧 »