« Milan Millが満開 | トップページ | Japanese 2000Guineas »

そこには四季があるから。

お気に入りカフェである浦和の「楽風」には、シーズン毎に訪れることにしている。

濃緑の木々のさざめき、さわやかな新茶の夏。

秋はやわらかい日差しと紅葉の赤、黄色。

冷えた掌を暖める湯のみは冬の楽しみ。

春は庭に咲く慎ましやかな花たちが迎えてくれる。

都市部に住み、満員電車で通勤し、エアコンの効くオフィスで仕事をする毎日は、意外と季節を五感でゆっくり感じるチャンスが少ない。だからだろう、四季がある楽風に行くと肩の力が抜ける。

先日もいつものように煎茶と和菓子のセットを頼んだが、後から「狭山の紅茶」に気づいた。
この季節になると、狭山茶で有名な埼玉県の狭山で作られる、日本茶品種を用いた紅茶が供されるのだ。後味の甘さがその特徴だそうだ。

次回はぜひこの紅茶を頼んでみたい。

|

« Milan Millが満開 | トップページ | Japanese 2000Guineas »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/40916033

この記事へのトラックバック一覧です: そこには四季があるから。:

« Milan Millが満開 | トップページ | Japanese 2000Guineas »