« すべての名には意味がある | トップページ | もう一つの祭り »

ひとこと回顧

読みはいい線を行っている。そんな自己弁護で慰めてはみるものの、結局は「負馬投票券」だ。見立ては当たるも馬券は外れ、というパターンが多い自分は、結局ギャンブラーとしてはC級なのである。

 

桜花賞にしても、「SSの孫同士で」と宣言していたのだから十分に射程圏内であったのだが、この組み合わせを買っていない。トールポピーが3着ならワイドが・・なんていうのはただの負け惜しみに過ぎない。

Fall Aspenという世界でも有数の名牝を出自とするレジネッタ。
アルゼンチンG1馬*マイアをボトムラインに持つエフティマイア。

両馬ともに、終わってからみれば華やかな舞台にふさわしいバックボーンとも言えよう。

トールポピーは、もう少し前目で勝負をしたかった。一瞬のキレで勝負するジャンポケではないから、あそこから追い込むのはちょっとキツい。

リトルアマポーラの素質は間違いない。大事に育てれば大きいところにも手が届くだろう。

オディールは・・クロフネの仔はやはりここ一番で信用しきれない。

サンシャイン牧場が送り込んだシャランジュ、ちょっとここでは家賃が高かったか。

|

« すべての名には意味がある | トップページ | もう一つの祭り »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/40871060

この記事へのトラックバック一覧です: ひとこと回顧:

« すべての名には意味がある | トップページ | もう一つの祭り »