« 拡張子はjpg | トップページ | 雛罌粟オークス »

シーイズアゲイン

土曜日のテレビ愛知オープンで、注目していたニシノプライドは着外に敗れた。距離こそ違うが、自分のレースができないと脆いところはセイウンスカイ的な感じでもある。

勝ったトウショウカレッジは、ウオッカやシスタートウショウの近親にあたる。このエントリで取り上げたシンガートウショウも、同じ牝系だ。

 

「トウショウ」ブランドのいわば集大成のごとき血統構成を持つシンガートウショウの、初年度の種付け相手はサクラバクシンオーである。

この配合は*テスコボーイの3×5、Northern Dancerの4×5が成立する。
*テスコボーイは牧場の代名詞であったトウショウボーイの父だから、ある意味牧場にゆかりが深い馬を近交させたわけだが、意図としてはそこではなかろう。

同じ牝系、同じ*ダンディルートのクロスを持つ母に、父がサクラバクシンオー。
成功馬シーイズトウショウの再現を狙った、ということだろうか。

ちなみにスイープトウショウの相手は、アグネスタキオンだそうだ。

それから。ずいぶんと遅くなってしまったが、トウショウナイトに合掌。

|

« 拡張子はjpg | トップページ | 雛罌粟オークス »

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/41309073

この記事へのトラックバック一覧です: シーイズアゲイン:

« 拡張子はjpg | トップページ | 雛罌粟オークス »