« 新種牡馬予報図 | トップページ | 青森のチェリー »

そして去るもの

デビューあれば引退あり、ということは必然で。 稀代のクセ馬にして名マイラー、新聞を読む馬として愛されたダイタクヘリオス。青森は八戸市の山内牧場にて供用されていたが、今春種付け予定だった牝馬2頭が不幸にも急逝し、また加齢による受胎率の低下も相まって、このまま種牡馬を引退する公算が強まったとのことだ。

|

« 新種牡馬予報図 | トップページ | 青森のチェリー »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/41602263

この記事へのトラックバック一覧です: そして去るもの:

« 新種牡馬予報図 | トップページ | 青森のチェリー »