« アスワンに届いた朗報 | トップページ | 新種牡馬予報図 »

日の出の光よ、笠松を照らせ

今年も幾多のドラマを生んできた春の府中開催、その掉尾を飾るエプソムカップはサンライズマックスが(いかにもステイゴールドらしい)鮮やかな末脚で制した。同馬の「マックス」は祖母にあたるマックスフリートから受け継いだ名であろう。

 

マックスフリートは90年代初頭に笠松競馬を中心に活躍し、東海公営競馬で最強の牝馬と謳われた女傑だった。
2歳のジュニアグランプリ、3歳になって岐阜王冠賞・ゴールド争覇・東海菊花賞・全日本サラブレッドC・東海ゴールドC・・・・安藤勝巳騎手に手繰られて牡馬相手に重賞を勝ちまくった。アンカツがライデンリーダーと互角以上の高い評価を与えていたようだから、唯一他地区で走った帝王賞9着というのがこの馬の底であったとは思えない。もっと全国区での活躍を見たい馬であった。

ところでマックスフリートより1年前にも、地方競馬の歴史に名を残す名牝が生まれている。
川崎競馬に所属し、牝馬ながら当時の南関東3冠馬(羽田杯・東京ダービー・東京王冠賞)に輝いたロジータは、東京大章典をも制している。芝へと挑んだ2戦は完敗だったが、ダート路線でまさに敵なしという快進撃のまま4歳の川崎記念を花道に引退した。

西のマックスフリート、東のロジータ。
交わらなかった両馬はしかし、繁殖となってからライバルとして鎬を削っている。
マックスフリートは*オペラハウスとの間にミラクルオペラを産んだ。3歳時には条件クラスで燻っていたミラクルオペラは、4歳になるとその素質を開花させ、交流重賞マーキュリーCと白山大章典を連勝。4番人気で挑んだJCDでも3着に健闘して、母譲りのダート巧者ぶりをみせた。

一方のロジータの仔も、ハイレベルでの活躍を見せている。母に続いて川崎記念を勝ったカネツフルーヴをはじめとしてシスターソノ、イブキガバメント、アクイレジアなどが重賞戦線を賑わせ、さらに孫にあたるレギュラーメンバーも川崎記念を獲ったのだから、繁殖牝馬としてのポテンシャルもまた素晴らしいものがある。

ちなみに直接対決では、ミラクルVSカネツは帝王賞で対戦してカネツが勝利、ミラクルが2着。
ミラクルVSレギュラーは1勝1敗だった。

笠松競馬はマックスフリートや安藤勝巳騎手のほか、地方所属のまま初めてJRA重賞を勝ったライデンリーダー、物語を纏って走り続けたオグリキャップ、桜花賞馬オグリローマン、怪物フェートノーザンなどのエポックメイカーを輩出してきた。しかし現在、売り上げの不振に加え、競馬場の地主との賃貸借契約がモメていて、その存続が非常に危うい状況に置かれているそうだ。市井の競馬ファンとしてはささやかな売り上げ貢献をしつつ、サンライズマックスの馬名のような光明が射すことを祈るのみである。

|

« アスワンに届いた朗報 | トップページ | 新種牡馬予報図 »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/41565072

この記事へのトラックバック一覧です: 日の出の光よ、笠松を照らせ:

« アスワンに届いた朗報 | トップページ | 新種牡馬予報図 »