« 日の出の光よ、笠松を照らせ | トップページ | そして去るもの »

新種牡馬予報図

道営競馬を皮切りとしてすでに地方競馬では2歳戦が始まっているが、今週からはJRAでもメイクデビュー(笑)ということなので、新種牡馬の予想なんぞをしてみたい。

◎サクラプレジデント
気性難で難しい競走馬だったが、嵌ったときの爆発力は一流馬のそれであったし、仕上がりの早さやマイルへの対応力も兼ね備えていた。すでに北海道競馬で勝ち馬を出した。サンデー×マルゼンスキーという同配合でいうとスペシャルウィークよりも軽く、ロイヤルタッチより切れるイメージで、個人的にはこの馬が最も成功するのではと睨んでいる。産駒にはムラもありそうだが、芝中距離の一流馬を期待。皐月賞でネオユニ産駒を競り落とすシーンを見たい(もちろんヤネは勝春で)。

○キングカメハメハ
エルコンの成功や現役時のパフォーマンスを踏まえればさすがに無印とはいかない。Kingmanboはご存知のとおりミスプロ系らしからぬ力強さを伝え、加えてキンカメは母系に重厚な名が見えるので、案外と産駒は「重く」出る場合もあるのではなんて勘ぐっている。時計の掛かる芝やダートは苦にしなさそうな。まあ産駒数の多さと繁殖牝馬の質で平均値は高く、リーディングは譲らないとは思う。

▲プリサイスエンド
海外で既に種牡馬実績あり、*セイウンビバーチェなどの輸入産駒がある。基本的にはスウェプトオーヴァーボードがそうであるようにダート短距離が庭になりそうだが、母系にNasrullahとPrincequillo、いわゆる<ナスキロのニックス>を2重に持っていて、芝で切れ味を活かす産駒がでてきそうだ。まあ大物よりは勝ち上がり率で勝負するタイプではあるし、コストパフォーマンスに長けた種牡馬という位置づけになりそう。

注ネオユニヴァース
評価に最も迷うのがこの馬。馬産地の評価も高いサンデーの一流馬で、一定の成功は疑うべき余地もない。ただし母系に重ねられたヨーロッパ系の血がどう出るかで、クラシックに乗る素質馬も当然出てこようが、展開に注文が付くようなタイプが多そうだ。ダートよりも芝、サンデー産駒の中ではスペシャルウィークに似たタイプと予測。

△サニングデール
仕上がり早くスピードをウリとし、古馬になってもしぶとく走るという*ウォーニングらしさをよく表現していた。初年度登録が27頭は楽観できる数字ではないが、思い入れ的にはナンバーワンの新種牡馬。ローカルや平坦小回りを得意としそうで、父に続き産駒が高松宮記念に出走してきたら単勝で心中する。

△ノーリーズン
*ブライアンズタイムのG1馬の中ではやや重厚感に欠ける印象の馬。逆に母系のスピードが生かしてマイル以下での活躍が期待できそうだ。種牡馬族の母であるCourtly Deeの牝系で、期待値以上の活躍がありうる。

△シルヴァーチャーム
父系がBuckpasser、母系もRound Table系/Black Tony系/Teddy系と、現代の主流血脈を含まない異端というだけでも応援。ローカル芝やダートに向くと思われ、マルブツシルヴァー級の産駒は何頭か出そうだが、コケる心配というか予感もなくはない。できれば乾坤一擲の大物が出ないかなと。

以上、すべて独断と偏見なのでご承知おきを。他の新種牡馬についてはこちらを。

|

« 日の出の光よ、笠松を照らせ | トップページ | そして去るもの »

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/41599482

この記事へのトラックバック一覧です: 新種牡馬予報図:

« 日の出の光よ、笠松を照らせ | トップページ | そして去るもの »