« 中山の急坂は根性で走れ | トップページ | 秋桜 »

キャロット1次

いわゆる「一口ライフを綴るブログ」ではないのであまり具体的な馬名は出してこなかったが、せっかくなので、キャロット1次の応募を公表しておこうと思う。

・カクタスベル07(父Lion Heart) 
 血統的に馴染みは薄いが、アメリカ新種牡馬リーディングだし早い時期から楽しめそうってことで。キャロ的看板馬ではないが期待している。

・シアトルデライター07(父アグネスタキオン)
 タキオン組では最も人気がなかったようだ。武藤調教師の娘がかわいいから、といわけではなく、Bold Rulerのクロスやアグネスレディー≒*リィフォーが面白いから。

・サダムブルーアイズ07(父フジキセキ)
 フジキセキ牝馬は持ちたいと思っていて、第一候補だったハルーワソングがどうも映像でピンとこなかったため、こちらにスライド。

今年は前評判をあまり気にせずに「わが道」を行った。幸か不幸か?いずれも抽選にはならかなったようだ。この他、予算との兼ね合いだが2次で検討しているのが数頭。

|

« 中山の急坂は根性で走れ | トップページ | 秋桜 »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/42674933

この記事へのトラックバック一覧です: キャロット1次:

« 中山の急坂は根性で走れ | トップページ | 秋桜 »