« 異邦のチャレンジャー | トップページ | 白くて速くてエイシンで »

サンデーの敵はサンデー

主だったスタリオンステーションの種付け頭数が発表され、今春の数字が大方揃ってきている。1位のアグネスタキオン(229頭)を筆頭に200頭越えが10頭に達していて、アメリカなどと比べるとより一部の種牡馬に人気が偏る”一極集中”の度合いが強いのが特徴的だ。

父系別でいうと圧倒的なのはもちろんサンデー系で、タキオン以外もフジキセキとダイワメジャーが223、ディープ216、Gアリュール204、デュランダル201。ネオユニは減らしたといっても169だし、ロブロイやマンカフェやリンカーンが150ラインをクリアしていて、サクラプレジデントやアドマイヤジャパンも100を越えた。新鮮味が薄れたDインザダークとスペシャルWでも100弱を維持していて、ここですでに2100越え。この他の種牡馬を合わせたらどこまで数字が伸びているだろう。種付け頭数がそのまま産駒数に直結するわけではないにしても、7,500頭前後という日本の生産頭数を念頭に置けば凄い数字には違いない。

しかし孫世代となるとSSも苦しい戦いを強いられている。フジキセキ→ダイタクリーヴァやダンスインザダーク→ダイタクバートラムなどがラインとして伸びているが、いずれ種付け頭数は苦戦している様子。G1馬であるツルマルボーイに至っては、種牡馬引退というニュースが流れてきたくらいだ。

同じスーパーサイアーでいうと、ヨーロッパのSadler's Wellsは*モンジューやGalileoがそのスケール感さをよく伝えているし、In the Wings→Singspiel→*ムーンバラッドとかBarathea→TobouggとかEl Prado→Medaglia d'Oroあたりが得意分野を広げながら伸びつつある。またアメリカのStorm Catは*ヘネシー→JohannesburgやHarlan→Menifee、Giant's Causewayも後継を出している。

SSがあまりに強大だったため後継に物足りなさを感じてしまう面もあり、ディープやハーツクライはまだ産駒が走る前なのだから、本番はこれからともいえる。
しかし同時に、その影響力の偉大さで人気を集めた結果、日本にはSSを母系に持つ繁殖牝馬が溢れることとなり、加えてBMSとしても滅法な優秀さを示している。もう少し血が薄くなればクロスも可能であろうが、それまでは必然的に「母系に入ったサンデーを活かすための配合は何か」がテーマとなり、それはすなわち非SS系のサイアーにとっての追い風ということになる。

そう考えてみると、サイアーとしてのSS系がラインを伸ばしていくのは案外と容易ではないのかもしれないな、などと種付け頭数リストを眺めながら思ったり。

まあいまさらセントサイモンを引き合いに出すのもアレだが、自身の血の影響力が強いゆえに自身のクビを絞めるというのは、古今東西のスーパーサイアーが直面してきた問題である。そういう意味でもSSの血が本邦に留まらず海を渡って広まることは意味深いと思う。そういえば種牡馬入りが報じられたヴィータローザ、一部ではイギリスで供用とも報じられているが、自分が調べた限りではこれ以後に具体的な情報は出ていない。どうなるか。

|

« 異邦のチャレンジャー | トップページ | 白くて速くてエイシンで »

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/42735852

この記事へのトラックバック一覧です: サンデーの敵はサンデー:

« 異邦のチャレンジャー | トップページ | 白くて速くてエイシンで »