« 躍進、そして覚醒 | トップページ | 有馬雑感’08 »

往来ネタ

東京都にある美術館や博物館などの入場券・割引券が綴られた「ぐるっとパス」というものがある。61もの施設に使えて2,000円という値段だから、有効期限などはあるが、非常にお買い得だ。どうせなら東京競馬場の入場券も付けて、JRA競馬博物館もラインナップに入れればよいのに、と思ったり。

さて、JRHRの輸出入馬情報からの小ネタをふたつ。

相変わらず社台グループは、さりげなく良質の繁殖牝馬を導入するから油断ならない。11月の輸入馬の中には、*ローズジプシーの名があった。

*ローズジプシーはGreen Desert産駒。01年のプーリッシュ(仏1000ギニー)勝ち馬なのだが、このレースは”初モノ”が重なったレースでもある。

ひとつは武豊騎手が繰るQuarter Moonが出走したことにより、日本人ジョッキーの「初ヨーロッパクラシック騎乗」となった。もうひとつは、*ローズジプシーを管理していた天才エイダン・オブライエン師の、「フランスにおけるクラシック初制覇」となったのだった。

ネタふたつ目はレゴラスの輸出。夏前だったか、ヨーロッパから種牡馬としてのオファーがあったというニュースがあり、その血統背景(母が仏G1ヴェルメイユ賞などの勝ち馬)からフランスで供用されるのではという推測がなされていた。

JRHRの資料によればレゴラスは、今月18日にイギリスへ輸出されている。これに関する情報が入手できなかったので定かではないが、英国供用ということになるのだろうか。

|

« 躍進、そして覚醒 | トップページ | 有馬雑感’08 »

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/43530025

この記事へのトラックバック一覧です: 往来ネタ:

« 躍進、そして覚醒 | トップページ | 有馬雑感’08 »