« 地図にはない栄光 | トップページ | 飛翔、再び »

奇跡のバラを咲かそう

'09新種牡馬外伝 - *ロージズインメイ

55頭中の22頭。
昨年のラフィアンターフマンクラブ第一次募集馬のうち、父に*ロージズインメイを持つ馬の数である。会員の多様な希望に応える点でもリスクヘッジという意味でも、一口馬主クラブがこれだけ特定の種牡馬(それも新種牡馬)産駒に比重を置く例はまず眼にしない。

マイネル=岡田繁幸氏がこの種牡馬にかける期待の大きさは、相当なものである。

ドバイワールドカップの勝馬でHalo父系の*ロージズインメイには、ずばりポスト・サンデーの期待が掛けられている。岡田総帥は「サンデーサイレンスの後継種牡馬を手に入れたいと願い、多額の投資をし、失敗を重ねました。もっと早くロージズインメイと巡り会いたかった」という主旨のコメントを寄せ、また種牡馬の展示会でも「柔軟で芯のある筋肉の持主です。きっとよい仔を出してくれるはず」「*ロージズインメイの産駒は出来るだけ買いたい」と最上級の賛辞を捧げたという。

最近は*マイネルラヴや*アグネスデジタルが重賞馬を出すなど”岡田系種牡馬”もそれなりの成功を収めるケースも多いが、特に輸入した種牡馬となるとイマイチだったというイメージがある。いや正確には*シルヴァーエンディング、*イブンベイ、*ムタファーウェクらも活躍馬を出したりはしているものの、ビッグマウス岡田節という予断があるため、期待ほどではなかったねという印象になってしまうのだろう。

そういう意味でいえば、*ロージズインメイはかなり高いハードルを課せられたという見方もできる。ロージズからすれば「そんな無茶振りしないでよー」と言いたいところか。

”5月の薔薇”という名は、Run for the rosesという別称を持つケンタッキーダービーをモチーフにしたものであろう、勝者に掛けられるレイは色鮮やかである。

ところでバラには青い品種が存在しない。交配によって青に近い品種を作り出す営為が重ねられたが、そもそもバラには青い色素(テルフィニジン)が存在しないことがわかり、Blue Roseといえば「不可能」の意味を纏うほどであった。

それが近年のバイオ技術の発展と試行錯誤の研究により、パンジーから抽出した青色遺伝子を組み込み、見事可憐な青いバラが開発されたのだった。オーストラリアのヴェンチャーと共同開発したサントリーの関連会社は、今年その青いバラの切花を市販化する予定だという。

同じ2009年にデビューする2種類のバラ。「不可能」から新たに「奇跡」という花言葉が授けられた青いバラとともに、*ロージズインメイも鮮やかな花を咲かすことができるだろうか。

|

« 地図にはない栄光 | トップページ | 飛翔、再び »

09新種牡馬外伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/43624423

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡のバラを咲かそう:

» 京都金杯はタマモサポートが制する・他 [BrainSquall【競馬ニュース&コラム】]
ひとこと ※風邪ひいた。そして馬券も今年初当たりはお預け。早く片目が空いて欲しいぜ。 レース結果 ◆【中山金杯】(中山)~今年も「一富士」!アドマイヤフジが2年連続で重賞制覇一番乗り ◆【京都金杯】(京都)~タマモサポート一気に抜け出す ※なんか金杯は同日開催じゃないと締まらないなあ。しかも今日は普通に仕事始めで競馬みられんかったし。アドマイヤフジは斤量差を考慮に入れた川田の好騎乗。 有力馬近況 ...... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 00時21分

« 地図にはない栄光 | トップページ | 飛翔、再び »