« 幻想こそが競馬を照らす | トップページ | 絶対に負けない逃げ馬 »

一番族の遺産

'09新種牡馬外伝 - ダイタクバートラム

ダイタクといえば80年代から90年代の競馬シーンにおいて個性的な名馬を送り出し続け、私の世代の競馬ファンには非常には印象深い冠名だった。

中でも、ミスナンバイチバンを祖とする「一番族」からは、きまぐれ太陽神ダイタクヘリオスを始め、ダイタクサージャン・ダイタクテイオー・ダイタクカミカゼ・ダイタクリーヴァなどの活躍馬が続出し、「ダイタク」の象徴ともいえる母系となった。

リーヴァの半弟になるダイタクバートラムもそこに名を連ねる1頭である。

ダイタクバートラムはステイヤーズSを勝ち有馬記念や春の天皇賞でも好走するなど、ダンスインザダークの牡駒らしく長距離で結果を残したが、小回り1800の北九州記念でレコードを記録するという一面も併せ持っていた。スピード志向の母系の血にその要因を探すことはできようが、一筋縄ではいかない「ダイタク」らしさ、といった方が案外説得力があったりする。

ところでダイタクバートラムは05年秋のアルゼンチン共和国杯が最後のレースとなったが、同レースにおいて馬主が太陽ファームから別人物に変更となっていた。オーナーが経営する大拓(株)とともに太陽ファームもこのころ経営が行き詰っていたためで、翌06年には150億円以上の負債を抱えて破綻することになる。

当時の報道によると、どうも大拓(株)など関連会社から太陽ファームへの資金流出もあった様子で、公私混同・ずさんな経営の成れの果て、ということになるのだろうか。馬主や牧場経営というものは馬券を買うよりもはるかに「ギャンブル」なわけで、栄枯盛衰というか一寸先は闇ということだろう。

青森の山内牧場で種牡馬を続けていたダイタクヘリオスも、昨年12月に死亡した。一つの時代の終焉を感じざるを得ない。

「ダイタクの遺産」ともいうべきバートラム。予想どおり種付け数は苦戦中であるが、一番族らしい粘り腰と意外性が観られたら、と思うところ。

|

« 幻想こそが競馬を照らす | トップページ | 絶対に負けない逃げ馬 »

09新種牡馬外伝」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、大沢大和です。

今は、現役馬でシャイニーブラウンがいます。母がバートラムの半妹にあたります。今日(3月15日)かてばOP入りになる馬です。あと、地方馬でチャンストウライ(祖母の半兄がダイタクヘリオス)という馬が交流重賞を勝ってます。

投稿: 大沢大和 | 2009年3月15日 (日) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/44280268

この記事へのトラックバック一覧です: 一番族の遺産:

» [競馬]ダイタクバートラム [昨日の風はどんなのだっけ?]
父系馬鹿:ダイタクバートラム まったり血統派の茶飲み話: 一番族の遺産 過去には6歳まて現役だったスルーオダイナとかも、長距離G1に一度しか出られなかったという例はあったけど、ダイタクバートラムは最後のシーズンは、年間通して走れていなかったとはいえ、五シーズンも... [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 19時26分

« 幻想こそが競馬を照らす | トップページ | 絶対に負けない逃げ馬 »