« 赤道の向こう側 | トップページ | タラに帰ろう »

ダブル松永の思い出

'09新種牡馬外伝 - トーヨーヒリュウ

ナイスネイチャやトーヨーリファールなど、どこか歯車が合わずにG1の勲章を獲り損ねた馬たち。松永善晴厩舎にしろ松永昌博騎手にしろお世辞にもスマートな使い方・乗り方をする陣営ではなかったから、口の悪い向きは「松永コンビじゃなかったら天下を取れたのに」なんて愚痴ったものだ。まあそれも含めて、愛される脇役というキャラが嵌っていたとも言えるが。

さて、トーヨーヒリュウはそんなトーヨーリファールの半弟にあたる*サンデーサイレンス産駒。母父Lyphardとの組み合わせでは、バブルガムフェローやロサード&ヴィータローザ、メイショウオウドウなどがいる。

ヒリュウはダート1800の新馬戦を勝利し、次走500万条件で9着に敗れたこの2戦が全戦歴である。ブルーコンコルドやナリタタイシンの生産者である川上悦夫氏の下で種牡馬入りしているが、血統に造詣が深い同氏なだけに、何かキラリと光るファクターを見出されたというこのなのだろうか。

ちなみにリファール以外の”トーヨー”で印象深いのは、Deputy Minister軍団だ。今では*フレンチデピュティや*クロフネの活躍で本邦におけるNorthern Dancer系の主流にのし上がったこの父系を、最初に「走らせた」のはトーヨーだった。

*トーヨーシアトルは東京大章典を含むダート重賞を4勝、*トーヨーレインボーは芝ダート双方で重賞を勝ちマイルCSでも3着に健闘した。特に後者のレインボーは個人的に非常に高い資質を感じただけに、種牡馬としてももう少しチャンスがあってもよかったのに、などと思うところ。

まあ産まれたサラブレッドが歩む道を決めるものは、良くも悪くも生産者や育成者やオーナーや調教師や騎手、そうした人間との出会いというか縁(えにし)ではある。チャンスを得たトーヨーヒリュウの健闘を祈りたい。

|

« 赤道の向こう側 | トップページ | タラに帰ろう »

09新種牡馬外伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/44381997

この記事へのトラックバック一覧です: ダブル松永の思い出:

« 赤道の向こう側 | トップページ | タラに帰ろう »