« あぢさゐとサマンサ | トップページ | 一応今年もフレッシュマン予想 »

'08新種牡馬おさらい

地方に続いてJRAでも新馬戦が始まる時期となり、新しい種牡馬たちも次々と産駒をデビューさせることになる。フレッシュマンサイアーの予想はまたやるつもりだがその前に08年デビュー種牡馬のおさらいを。

ネオユニヴァース

異系を多く含む血ゆえ、活躍馬は出そうだが走る馬と走らない馬が両極端になりそう・・という予測をした。これが当たったかどうかは微妙なところだが、初年度からアンライバルド/ロジユニヴァースを出したのには脱帽ではある。ノーザン系牝馬とは相性が悪いはずもなく、これが月並みだが王道の配合であろう。

現時点での傾向をみると、
・1200買うべからず、距離伸びて良さが出る
・牝馬よりも牡馬が優勢
・1番人気は信頼度高し(連対率約50%)
などが特徴的で、馬券作戦的にはつきあいやすいサイアーといえよう。
今後の注目は父が伸びあぐんだ3歳秋以降の成長力だ。

キングカメハメハ

一言でいうと男性的な種牡馬。活躍馬は牡馬に偏重し、高速馬場よりも力の要る芝やダートでのパワー勝負が強い。
配合上のキーとしてはNijinsky≒Try my Bestがあり、確かに活躍馬の多くはこれを強調するような面が目立つ。フィフスペトルしかり、ナサニエルやスガノメダリストしかり。それ以外でもNorthern Dancerやミスプロの近交が目に付き、そうれにより発露される力感と早熟性とを武器にしている。

視点を反すれば、インブリードに頼らない配合で大物を出せるかが注目されるところか。

サクラプレジデント

道営でサクラシャイニーが圧勝し好スタートを切るもその後は失速。社台を後ろ盾にした種牡馬たちが相手という面を差し引いても、あの瞬発力とスペWに似た血統背景なだけに、もう少し走ってくると予測はしていたのだが・・。

シルバーチャーム

2歳戦で全く振るわずどうなることかと。3歳となって徐々に走る産駒も出てきたようだ。予想通り芝よりダート、牝馬より牡馬。アベレージよりも一発タイプということで見限らずにはいたい。

サニングデール

もうちょっと軽さを期待していたが案外にズブくて、レースを使い込んで良さが出てくる感じ。今のところ牝馬の勝ち鞍がない。

結局のところ、社台のツートップが傑出した結果にですわな。

|

« あぢさゐとサマンサ | トップページ | 一応今年もフレッシュマン予想 »

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/45339152

この記事へのトラックバック一覧です: '08新種牡馬おさらい:

» エプソムCはシンゲンが勝利 [BrainSquall【競馬ニュース&コラム】]
ひとこと ※POGドラフトお疲れ様でした。今年は無風に終わったので、ドラフト自体はあっという間に終わりましたが、その後のPOG,一口談義がかなり有意義でした。馬体の見方をもっと勉強しなくてはなあ。 レース結果 ◆【CBC賞】(中京)~プレミアムボックスが久々の重賞V ※何か追い込み馬が来るとは思ったが、ここらへんに目が届かないあたり不調だよなあ。俺の馬券は。 ◆【エプソムC】(東京)~一騎打ちを制...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 20時59分

« あぢさゐとサマンサ | トップページ | 一応今年もフレッシュマン予想 »