« まさに「母なる海」 | トップページ | あぢさゐとサマンサ »

Le Nom de la Rose '09

*ローザネイを祖とするいわゆる薔薇一族の、今年の2歳馬も馬名が決まっている。

まず*ローザネイの牡駒(父フジキセキ)はローザグランデ=偉大な薔薇。

ロゼカラーの仔(父アグネスタキオン)がローザミスティカ=神秘的な薔薇。

ローズバド産駒の牡馬がローズキングダムというのは、父のキングカメハメハもかけている。

アグネスタキオン×アルバローザがセレスティアル。
表記上は「ローズ/ローザ」が付かない馬名になったが、意味はアルバ系と呼ばれる薔薇の品種。色調が淡いピンクの、優しい雰囲気のオールドローズだ。さすがに「ロ」馬名もネタが尽きるだろうから、今後はこういう路線か。

ちなみにロゼダンジュは流産で今年の2歳産駒はいない。また来年はクラシックローズの仔も競走年齢を迎える。

次第に小粒になっているのが気にはなるが、悲願のG1勝利までは単勝を買い続けるつもりだ。

|

« まさに「母なる海」 | トップページ | あぢさゐとサマンサ »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/45300087

この記事へのトラックバック一覧です: Le Nom de la Rose '09:

« まさに「母なる海」 | トップページ | あぢさゐとサマンサ »