« 運も何とかのうち | トップページ | 先週のカイコ »

2番目に好きだった

遥かイギリスまでやってきた谷岡幸一郎の目当ては、*ジェラルディンツウという*パーシア産駒だった。ナッソーS3着という成績を残した牝馬に牧場の基礎牝馬としての期待が高まった。しかし同行していた若きホースマンの熱意に絆されて彼女を譲ることにし、替わりにGrey Sovereignを父に持つ黒鹿毛の牝馬を手に入れることとなる。

それが谷岡牧場と名繁殖牝馬*スワンズウッドグローヴとの出会いだったそうだ。

ご存知のとおり*スワンズウッドグローヴは、サクラ軍団の名馬をあまた輩出するゴッドマザーである。
サクラジョオーの分岐からはサクラハツユキ(エリ杯4着)、サクラセンチュリー(鳴尾記念)、サクラエイコウオー(弥生賞)ら。またサクラセダンからはチヨノオー・ホクトオー兄弟やサクラプレジデントといった活躍馬がターフを沸かせた。*クレアーブリッジ系と並ぶサクラの象徴的なボトムラインと言えよう。

そんな中でサクラグローブの分岐からはサクラを冠した著名馬が出ずにやや地味な印象を否めないわけだが、この”分家”から久々となるオープン馬が、毎日王冠に出走するナムラクレセントである。

ナムラクレセントの母サクラコミナは、このサクラ自慢のスワンズウッド牝系に、トウショウ牧場の*ダンディルート、シンボリ牧場の*パーソロンといったブリーダーたちそれぞれの象徴とも言える血脈を受けたカタチ。さらに父ヤマニンセラフィムもヤマニン牧場の自家生産馬だから、血統表を眺めれば日本のオーナーブリーダーたちの顔がずらり並んでいてある種の感慨を禁じえない。

ウオッカを筆頭に重賞ホースがずらりと顔をそろえた王冠だけに、どこまでやれるのかの試金石となるだろう。

ちなみに谷岡氏の「本命」だった*ジェラルディンツウは目立った繁殖成績を残せなかったが、それでも末裔からダート戦で活躍したトーセンブライトが出ている。

そして彼女を「略奪」したそのホースマンの名を、岡田繁幸という。

|

« 運も何とかのうち | トップページ | 先週のカイコ »

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/46446775

この記事へのトラックバック一覧です: 2番目に好きだった:

» 毎日王冠はカンパニーがウオッカを倒す [BrainSquall【競馬ニュース&コラム】]
ひとこと ※昨日は競馬クラスタオフご参加の皆様ありがとうございました。次は天皇賞あたり・・・かな? レース結果 ◆【毎日王冠(GII)】(東京)~カンパニー 重賞7勝目 ※何かに負けそうだなーとは思っていたがカンパニーかあ。馬券獲った人は美味いな。 ◆【京都大賞典(GII)】(京都)~オウケンブルースリ 復活V ※いかにもジャンポケ産駒って感じの芝2400の勝利だった。 今週の2歳戦 ◆【りんどう...... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 11時58分

« 運も何とかのうち | トップページ | 先週のカイコ »