« People's Horse | トップページ | 出た杭の叩かれ方 »

春本番に向けて

セイウンスカイ、リキアイワカタカ、ダイタクリーヴァなどなど、マイナー種牡馬産駒の勝利なんかもあった土日だが、それぞれの春に向けた注目レースがいろいろあった。軽く振り返っておこうかな。

クイーンカップ

後の名牝が謎な負け方をするというイメージがどうも抜けないレースだが、アプリコットフィズは危なげなかった。ジャンポケ×サンデー×Northern Dancer系という定番で、あの持続力と母系の重みを踏まえればオークスの舞台は臨むところ。鬼門はトールポピーがそうだったように桜だろう。テイラーバートンは難しいなあ。古くはパソドラード、最新はネオヴァンドームと嫌いではない牝系なのだが。

京都記念

差し返したブエナはまだ余裕があった。どこかで身も蓋もない競馬をと指摘したが今日がそれで、実際にレースの振り幅を広げた以上に、強力な手札が複数あると意識させたことが、ライバル達との争いに戦略上の優位をもたらすだろう。まあドバイはAWの適性含めてやってみなければわからないが・・
ドリジャとブエナの後先はコース形態にも拠ろう。ジャガメはますます自分好みの歯がゆホースになってきて、悲しいような嬉しいような。

フェブラリーS

強さは認めてもオッズほどでは・・と思っていたが、予想以上だったエスポワールシチー。アキュートやメビウスといったグループ不在ではこの結果も仕方ないのか。サンデー系×BT×*ブレヴェストローマンって昨秋のスリーロールスと同じで、やはり一瞬の脚よりも積極的なレースで持ち味が出るなと。ドバイも期待したいがシチー馬が歴史をつくるのも忸怩た(以下省略・・)
ダート初挑戦組は消しで正解も、ナスキロ着目でテスタマッタかダイショウジェットかで迷い、後者を選択して撃沈しましたわ。

|

« People's Horse | トップページ | 出た杭の叩かれ方 »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/47629141

この記事へのトラックバック一覧です: 春本番に向けて:

« People's Horse | トップページ | 出た杭の叩かれ方 »