« ”It's not a problem” | トップページ | 日本・ドイツ・ロシア »

ラトロだらけ

今年は北米をサボっていて、KYダービーを勝つまでSuper Saverの存在を殆ど知らなかった。笠雄二郎さんが「La Troienne 粘着力オバケ」と書かれていたのでちゃんと血統を見直してみると・・確かに名繁殖La Troienneが7本も。う~んと唸ってしまう配合である。

Super Saver自身もLa Troienne直系で、6代母のStrikingから綿々とオグデン・フィップスを中心とするフィップスファミリーによって紡がれてきた名牝系だ。*リズム、Personal Ensign、Private Account、*ポリッシュネイビーらがフィップス一族の誇るその系譜に名を連ねている。

オグデンは生産・所有馬が9頭もエクリプス賞を受賞しているアメリカ競馬界の大御所的存在であったが、実はこの一族、ケンタッキーダービーだけは勝てないでいる。日本でもメジロやマイネルなどがどうしても日本ダービーを手中に出来ずにいるが、そういう事象はどの国にもあるのだろう。

Super Saverの母はセールで売却されたのだが、そのとき母馬に宿っていた牡駒が後年、どうしてもフィップスが手に出来ないKYダービーを鮮やかに勝つのだから、何とも皮肉なものである。しかし、配合を考えたのはフィップスサイドであるし、La TroienneとWar Admiralの組み合わせが幾重にも織り込まれたこの馬がダービーを勝ったことで、一族の功績はさらに輝きを増したともいえよう。

そしてWinStar Farmにとっては、$160,000で手に入れたSaverの母Superchargerは、文字通り”お買い得(Super Saver)”だったというわけだ。

|

« ”It's not a problem” | トップページ | 日本・ドイツ・ロシア »

馬*海外」カテゴリの記事

馬*血統」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/48306779

この記事へのトラックバック一覧です: ラトロだらけ:

« ”It's not a problem” | トップページ | 日本・ドイツ・ロシア »