« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

概観・種付け頭数

社台SSを始めとして、各スタリオンから今春の種牡馬種付け頭数が徐々に発表されている。数字が明らかになっているところから、気になるあれこれを。

続きを読む "概観・種付け頭数"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨過天晴

季節の変わり目というのはどうしても体調を崩しやすい時期ではあるのだが、自分の場合はどちらかというと気持ちの面で安定しないというのがある。毎日王冠の頃には落ち着いていればよいのだけれど。

なわけで、競馬/非競馬取り混ぜてトピックスで。

続きを読む "雨過天晴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天久

惜しくも2着に終わったものの、セントウルSでの猛然とした追い込みが目を引いた香港調教馬*ラッキーナイン。その潜在力に期待する予想もちらほら散見されたので注目していたが、これは確かに今後が楽しみな存在と言えるだろう。

続きを読む "天久"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rossard その白き焔

デンマークは北欧の中でも小さな国だが、その国土には非常に豊かな自然が残り、街並みは目を奪われる美さをたたえ、人々は温かい。かつて冬にコペンハーゲンを訪れた際には、現地の方が親切で洗練されていることに、非常に感心した思い出があったりする国である。

さて、シルクプリマドンナの息子が流れ着いたそのデンマークは競馬の話題では殆ど耳にしない国だが、かつて国際舞台に名を知らしめた名牝がいた。その名をRossardという。

続きを読む "Rossard その白き焔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小ネタ3本立て

アイルランド・チャンピオンSの裏で行われたスプリントCでは、*ディクタットの仔Dream Aheadが辛勝。この距離なら簡単には崩れない韋駄天ぶりを改めて示す格好となった。

その4着に入ったのがGenkiという名の騙馬だ。

続きを読む "小ネタ3本立て"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しき湖畔に眠れ

カナダ最大の都市であり金融の中心地でもあるトロントは、いわゆる五大湖の一つで「美しい水」を意味するオンタリオ湖に北西岸に位置する。そのトロントから、湖畔に沿って東へ401号線を進むと到達するのが、工業化が進みながらも未だ豊かな緑を残している街、オシャワだ。

そこは、競馬の歴史に名を深く深く刻む、ウインドフィールズ牧場があった場所でもある。

続きを読む "美しき湖畔に眠れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »