« 石南花 | トップページ | Fairy Blue の賛否 »

あるいは、曙光

追う者には勢いと野望が宿り、その矢面に立つ王者は失うものの大きさとも戦わなければならない。ボクシングなどで頻繁に言われるように、タイトルは獲るよりも守る方がずっと難しいのが勝負事の条理の一つではある。

日本調教馬は、結果だけ見ればその危惧が現実のものとなったドバイWCになった。

とはいえ、自分としては決して悲観するばかりの内容ではなかったと感じる。昨年は馬の力と好騎乗に加え、マークが緩くレースの流れに乗れたのも大きな勝因だった。今年は戦前から日本調教馬の動向が海外メディアでも頻繁に報じられ、スマファルが2番人気に推された。レースではトランセンドもSo You Thinkに楽逃げを許されなかった。マークは明らかにキツかった。

昨年の快挙を経て、ゴドルフィンやバリードイル陣営にとってお客さんではなく手強い敵として対等に捉えられていたとするならば、その結果としての敗戦が示すものは日没ではなかろう。日本競馬の現在地であると同時に曙光でもあったと思いたい。

とまあ、寝落ちしてライヴでレースを観てもいない自分が偉そうに語るのもいかがなものかとは思うけれど。

勝ったMonterossoはDubawiの仔、すなわちDubai Millenniumとの祖父―孫制覇になった。母系はLoosen Upの名前(JCに来日した*ベタールースンアップの父)でピンと来た通りオセアニアと。

|

« 石南花 | トップページ | Fairy Blue の賛否 »

馬*海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/54367275

この記事へのトラックバック一覧です: あるいは、曙光:

« 石南花 | トップページ | Fairy Blue の賛否 »