« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

ウイナーズサークルの光景

競馬が社会の中で占める立ち位置というのはそれぞれの国や時代によって違うものであるから、欧米のスタイルにただ倣うばかりでよしとされるものでもない。

とはいえ本邦でも馬主はよりリスペクトされるべきでは、という見解は以前から持っているし、意見を同一にするクラスタも少なからずいるようだ。

続きを読む "ウイナーズサークルの光景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

差し水

たまには競馬ネタ以外の文章もつらつら書いてみようか。

大津の自殺問題に端を発したいじめ問題について触れようかと思ったが、各論ではあの事案の事実は何も知らないし、教育分野には疎くて総論を展開することもできないことに気づいた。

続きを読む "差し水"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちてきたフォアグラ

ディープブリランテのダービー制覇はある点で感慨深いものがあった。馬主はサンデーレーシングではあったけれど、同馬はハリー・スウィニー(Harry Sweeney)率いるパカパカファームの生産。スウィニー氏はかつて大樹ファームでその腕を振るった人物である。

続きを読む "落ちてきたフォアグラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピードの香り

不良馬場となった福島の新馬戦を勝ち上がったベイビーイッツユー。
その小気味の良い先行力は、いかにもダイワメジャーらしくもあり、あるいはいかにもこの母系らしいとも言えるだろう。

続きを読む "スピードの香り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »