« BC雑感 | トップページ | Mrs. Pennyに憧れて »

上弦の月

まだ暖かな日差しを背に歩いていたつもりが、ふと気づくと空は茜色と藍色とがせめぎ合い、すぐに日暮れとなる。秋の日は釣瓶(つるべ)落とし、とは言い得て妙な表現だ。冷えた陶器のように輝く月を探しながら上着をかき合わせて、家路を急ぐ。

そんな晩秋のG1としてすっかり定着したエリザベス女王杯が明日に迫った。目前のレース予想をそこそこに過去の名シーンを振り返っていたら、ベストダンシングのことを思い出した。1993年秋、エリ杯がまだ3歳馬限定の2400mだったころの話だ。

ベストダンシングはサファイアS8着の前走だけを見れば実績不足だった。ただ新馬戦からの3連勝があまりに鮮やかであり、社台が”ベガよりも上”と評価していたことが漏れ伝わっていたから、穴人気を集める存在になったのだ。自分も底を見せていない伸びしろに期待したけれど、素質だけで勝てるほど甘くはなく、結果は掲示板に乗る(5着)のが精一杯であった。

勝ったのは「ベガはベガでも」ホクトベガ、2着が後のマイル女王ノースフライト。オークス以来の休み明けでレースに臨んだ2冠牝馬ベガは3着に終わっている。

ベストダンシングは父がベガやノースフライトと同じ*トニービンでBMSがNijinsky。母系は3代母がBest in Showだから、El Gran SenorとTry My Bsetの兄弟や、Blush With Pride(ケンタッキーオークス)なんかの近親になるから、当時としては眩さすら覚えたものだ。その後もこの牝系からは世界中で活躍馬が出ている。アメリカではいずれもベルモントSを勝ったJazilとRags to Richesの兄妹(もちろん*カジノドライヴ)、オセアニアはHurricane SkyやRedoute's Choice、ヨーロッパでは*ザールや*スピニングワールド、Domedriverと、枚挙にいとまがない。

エリザベス女王杯後のベストダンシングは、阪神牝馬S2着などの活躍を見せるも、重賞勝ちには届かずに引退した。

ベストダンシングが繁殖牝馬となり最初に産んだのは、ロンリームーンという牝馬(父*サンデーサイレンス)だった。

ロンリームーンは母と同じ沖芳夫厩舎に入厩したが、体質に弱いところがあったためか、仕上がりが遅れた。デビューしたのは同期たちが華やかなクラシックを駆け抜けた後の、6月の函館だった。

1200mの未勝利戦で見せたロンリームーンの走りは忘れられない。ダッシュがつかずに後方からの追走となったが、3~4コーナーで位置取りをあげると、直線では弾けるように伸びた。既出走馬たちを軽く抜き去り、2馬身を付けての快勝だった。これは只者ではないと思った。未来は無限に広がっていた、はずだった。

しかし、好事魔多し・・次走に向けた調教中に骨盤を骨折する重症を負った彼女は、短い一生を終えた。

ロンリームーンが見せたあの走りは忘れられない。

最初で最後のレースを走ったその夜、空に浮かんでいたのは月齢7日の上弦の月。これから満月へとゆっくり姿を変えてゆくはずだった孤高の月は、そっと闇夜に消えた。

|

« BC雑感 | トップページ | Mrs. Pennyに憧れて »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/56083637

この記事へのトラックバック一覧です: 上弦の月:

« BC雑感 | トップページ | Mrs. Pennyに憧れて »