« 追加のひとこと後記 | トップページ | パブコメしました »

100勝到達

小倉の最終でローガンサファイアが差しきり、これで一口馬主100勝を達成した。

区切りとしてざっとこれまでの一口成績を整理しつつ、忘備録として記録しておく。

初出資馬が94年産のダブルエンプレス(ヒダカBU)。その頃は「社台系400口」のクラブがなく、乱暴に言えば「社台40口」か「ラフィアン」か「その他」という選択肢の時代だった。

ユニオンは年に1頭だけ、最初の数年は勝つというより出資することに満足していた。初勝利は友人と共に選んだロードミッシェル(ロード)で、これが99年。

その後、キャロットがノーザンファームと提携したことで、主力クラブをキャロに移して頭数も増えやして、という経緯。

通算では94年産から12年産まで19世代で72頭(年平均約3.8頭)に出資、成績は845戦100勝。
重賞はアロンダイト(JCダート)、ブリッツェン(ダービー卿CT)、マーブルカテドラル(アルテミスS)、バウンスシャッセ(フラワーカップ)の4勝。

クラブ別の成績は以下のとおり。

【ヒダカBU】

生産年 :94年産~02年産 (退会)
出資頭数:9頭
勝利数 :2勝
代表馬 :シークレットブーケ

【広尾TC(旧サウスニア)】
生産年   :99年産~07年産 (退会)
出資頭数:15頭
勝利数   :21勝
代表馬   :ブリッツェン、フェイムロバリー、バシレウス

【ロードTO】
生産年   :96年産~
出資頭数:12頭
勝利数   :30勝
代表馬   :ロードダルメシアン、レディブロンド、ロードミッシェル

【キャロットクラブ】
生産年   :02年産~
出資頭数:34頭
勝利数   :44勝
代表馬   :アロンダイト、バウンスシャッセ、ローガンサファイア

【社台TC・サンデーTC】
生産年   :09年産~
出資頭数:2頭
勝利数   :3勝
代表馬   :マーブルカテドラル

名付け親になった馬が節目の100勝を挙げたのはいい記念。

最初は厳密に把握していた収支は途中からどんぶり勘定になった。年間の単純なフローでは、05年まではマイナスが続いて、アロンダイトがG1を勝った06年は完全プラス。その後はプラマイの繰り返し。
ここ2年はレートの大きいマーブルカテドラルの活躍が効いてプラス計上し、通算では少しマイナスかなーという程度かと。

前も書いたが、キャロは争奪戦が加熱しすぎてちょっと辟易している。母馬優先もあるので完全撤退はしないが、縮小するかも。

|

« 追加のひとこと後記 | トップページ | パブコメしました »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/61179573

この記事へのトラックバック一覧です: 100勝到達:

« 追加のひとこと後記 | トップページ | パブコメしました »