« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年4月

パブコメしました

例の馬券裁判の判決を受けて、国税庁が通達の改正をしようとパブリックコメントを募集していました。

改正の内容は、つまるところ「ソフトで自動的にたくさん買って儲けた場合は雑所得にしてあげるけど、それ以外は今までどおり一時所得だから。年間マイナスでも税金払えよ」という内容です。

これに対して1,000字ほど作文してパブコメを送りました。全文は掲載しませんが、要旨は以下のとおり。

・そもそも馬券は控除→国庫納付されてんだから、実質二重課税。宝くじと同様に非課税とするよう法改正するべきよね。

・でも法改正までは時間かかるから、それまでは現実に即して運用してくださいね。
①予想の手法やロジック、購入規模で差別しないで、馬券の利益は全部雑所得にしませんか。
②もし①ができないならせめて、ハズレ馬券はすべて経費にしてください。損益マイナスでも課税されるってオカシイですよね。

元はといえば国税が、「馬券の儲けなんてサイコロと同じ偶発的な所得だから」として捉えてるのが根本にあって、その是非について議論するとキリがなさそうなのでやめときますが。とにかく外れ馬券を経費とせず課税される現行通達には首肯できませんということを、いちファンとして意見表明しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »