« それでも道は続いていく(後) | トップページ | POG17-18 覚え書き »

変える勇気と変えない強さ

ついに、なのか。やっと、なのか
ルメールの見事な騎乗に導かれてレイデオロが先頭でゴールを通過し、藤澤和雄調教師がついに表彰台の上に立つ日が来た。重賞101勝目が念願の日本ダービーである。

ついに、やっと。そんなことをボンヤリと思いながら帰りの電車に揺られていたら、いろいろなことを思い出して涙が出てきた。

初めて競馬場に行った日に走っていたカルチェラタン。
冬の中山に散ったヤマトダマシイの悔恨。
大好きだったシンコウラブリイは初めての重賞勝ち馬だった。

クロフネミステリーの海外遠征は後のタイキシャトルやダンスインザムードの礎。
ゼンノエルシドもシンボリクリスエスもペルーサも応援した。
バウンスシャッセには夢をみさせてもらった。
そんな重賞ウイナーたちはもちろんだけれど、ヒゴノスターやシェルゲームやリアルビジョンやセサロニアンやエルノヴァやアヴニールマルシェのような馬たちにも、負けずそれぞれに鮮やかな思い出がある。

レディブロンドは友人と一緒に選んで出資した馬だった。だからレイデオロの直線は痺れた。その旧友も声を枯らして叫んでいた。

藤澤師がデビューしたころ、彼は異端だった。調教もレース選択もタッグを組む馬主も。その異端はいつの間にか道になり、後に続く若き調教師たちの道標にもなった。その過程にどんな苦労があったか、私は想像することしかできないが、だから低迷する藤澤師を揶揄する声には、内心で悔しさが募ったこともある。

経験を積んだ者が、自身を変えることは勇気と苦痛を伴う。藤澤師はそれまでのやり方に拘らず、有形無形にさまざまなチャレンジを行ったのだろう。

そして藤澤師がデビュー当時から何があっても変えていないものがある。レース後に騎手と愛馬を迎えるときの満面の笑みだ。

たくさんの失敗。もっと走れたはずの馬たち。変えるべきものを変える勇気と、変えざるものを変えない強さ。それがレイデオロに結実した。

そんなことを思っていたら涙が出てきて、「ついに、やっと」は声にはならなかった。

いいダービーだった。おめでとう、レイデオロと藤澤先生!

|

« それでも道は続いていく(後) | トップページ | POG17-18 覚え書き »

馬*その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223066/65340138

この記事へのトラックバック一覧です: 変える勇気と変えない強さ:

« それでも道は続いていく(後) | トップページ | POG17-18 覚え書き »